riina-k.net

音楽・小説・プログラミングを手がけるリイナの拠点。

【ネタバレ注意】劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語 感想

10月26日に公開された劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語を、今日までに3回観てきました。
私なりの感想をまとめてみます。

以下ネタバレにつき、まだ観てない方は記事を開かないほうがいいと思います!

*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*
*

今回付けられたテーマは、「叛逆」
果たしてこの作品で、一体誰が誰に対して叛逆しているのか?

キュウべぇが、魔法少女に対して。
ほむらが、円環の理に対して。

しかし、私はこう考える。

虚淵玄が、ファンに対して。

    *  *  *  *

序盤で戦死するという特性上、マミには二次創作に由来する後付けの設定が少なくない。
さやかや杏子も二次創作でキャラの深みを増していっている。
このように「まどか☆マギカ」という作品自体が、二次創作との関連性が非常に強いものであることは周知の通りである。

その点を踏まえ、暁美ほむらというキャラにスポットを当てたらどうなるだろう。

多くの二次創作で、ほむらは「まどかのストーカー」のように描かれている。
その傾向が原作にフィードバックされてしまったのが、今回の「叛逆の物語」である。

かつてほむらが幾多もの平行世界を渡り歩いてまどかを「最強の魔法少女」にしてしまったように、
私たちは幾多もの二次創作を渡り歩かせほむらを「変態」にしてしまった。

悪魔ほむらは、その成れの果てではないだろうか。

「ヤンデレ」という属性が脚光を浴びて久しい。
かつては桂言葉(School Days)や竜宮レナ(ひぐらしのなく頃に)などがこの界隈で名を馳せていた。

一度は女神となったまどかを引き裂き、「自分だけのもの」にして自ら「悪魔」を名乗る。
私たちが、暁美ほむらを史上最強のヤンデレにしてしまったんだ。

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top